スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

武蔵小杉新駅3月13日開業 

2009.12.27

仕事が忙しくて更新できなかったので広告が付いちまった・・・。

いつの間にかJRのダイヤ改正が発表されていて、横須賀線武蔵小杉駅は無事に開業できるっぽいです。
武蔵小杉新駅3月13日開業、成田直結で利便性向上/川崎(カナロコ)
これで大分通勤が楽になる。

「全列車停車」ってのも吉報だ。
よく、玄人面して「都内への所要時間が増えて東横線との競合競争で負ける」とか言う人がいるが・・・、人は単純な所要時間で動いてるのではなく、最も重要視しているのは乗り換えの所要時間・利便性だということが分かっていない。

JR使っていたけど渋谷まで2分多くかかるから横浜で東横線に乗り換えようなんて人はまずいないと思う。

これで損をするJRユーザーっていうのは、
・横浜~渋谷・東京方面の混雑が増す。
・所要時間が2~3分増す。

くらいだと思う。
得をするひとっていうのは試算にどのくらい入っているか分からないけど、かなりいると思われる。

あまり気づかないところだと、
・新川崎、西大井ユーザーでは、快速通過で1時間に2本くらいしかなかった湘南新宿ラインに横須賀線で小杉に移動して乗り換えられる。北方面へのアクセス時間が良くなる。
・NEC社員など、小杉勤務の長距離通勤者は乗り換え回数や手間が減る。東海道/横須賀沿線・宇都宮/高崎沿線・埼京/川越沿線・総武沿線。
・横浜乗換え、渋谷乗換え者の減少により駅の混雑が緩和される。

などかと思う。

小杉はビジネス街の一面もあるので、通勤客の移動は大きいと思う。
JRにしてみれば、小杉近辺の会社への通勤客を横浜・渋谷で東急に取られていたところを取り戻すといった感じかな。

反面、南武線からの乗り換えはあまり期待できないところがある。
南武線から都内や横浜方面に行くことを考えても、わざわざ歩いて本数の少ない横須賀線を使うメリットは余り無い。
まぁ、本来の目的である品川・東京駅を使う人たちだけだろう。

不透明な部分もあるが、試算を上回る小杉活性化を期待する。

関連記事

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://kaienmaniax.blog55.fc2.com/tb.php/284-af3213b8

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。