スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

表札灯作製記2 

2009.09.13

本日は屋外のDIY。
表札灯に周辺まで電気を送る為、電線を通す準備としてアウトレットボックス2個を設置した。

実はコレが外工で一番悩んだところ。
設置場所が、家の外壁と塀の裏。恐らく両方コンクリートなのでビス留めが出来ない。
(できなくは無いが、手持ちに無い道具が必用)
意を決して先日ホームセンターでコンクリートボンドを購入。接着のみで挑戦してみることにした。
表札灯外工1
材料たち

まずはのほうから。
ここに設置したい。ちょっと電柱が邪魔(^ー^;A
表札灯外工2
の裏に設置

そして緊張の一瞬。
同梱のへらを使うと結構うまくできる。
表札灯外工3
アウトレットボックス裏面に塗る

アウトレットボックスの裏に塗って貼り付けてみると・・・落ちる(^ー^;A
の表面の凹凸が激しいのでうまくボンドが入らなかったよう。考えて見れば当たり前w。
再度のほうにたっぷりと塗って貼り付け成功。
水準器を使用して水平にしておく。
表札灯外工4
設置完了

コンセントに近い外壁にも同じように設置。
表札灯外工5
外壁にも設置

こちらはほとんど平らなのでうまく接着出来た。

目的は、外壁のコンセントから外壁アウトレットボックスまで防水コードでAC電源を伸ばし、アウトレットボックス内にACアダプタを設置して12Vに変換。
CD管でアウトレットボックスと繋ぎ中にDCケーブルを通して接続。
側のアウトレットボックスからキャブタイヤケーブルを回して表側の表札ユニットへ。
と言ったところ。

初めてコンクリートボンドで外工に挑戦したが、30分程度で作業出来て楽だった。
完全固着まで1週間ほど見た方が良いらしいので、本日はこれだけ。

次回はボックス同士の接続と、出来たら配線まで。
もしかしたらユニットの設置まで出来るかもしれない。


関連記事

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://kaienmaniax.blog55.fc2.com/tb.php/268-39cbd640

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。